社会保険・労働保険
給与計算
その他業務

●給与計算

----------------------------------------------------------------
勤怠・支給・控除

給与計算は、毎月の給与額を計算し、本人に支払えばよいのだと思われている方も多いのではないかと存じます。しかし、なかなか給与計算は、奥が深いのです。
ごくごく一般的な給与明細項目を表にいたしました。

給与計算は、
ゞ仟奸´∋抖襦´9欺 の大きく3つの要素で成り立っています。

ゞ仟奸 瓠)莊遒僚亢弌Ψ膓佚の記録
出勤日数 休日出勤 特別休暇日数 有給休暇日数 欠勤日数 有給休暇残日数
17.0 aaa aaa aaa aaaa 38.0
平日残業時間 平日深夜時間 休日出勤時間 休日深夜時間 aaa aaa
21:50 1:30 36:50 aaa aaaa aaaa
※上記は架空の明細書で、実在するものではありません

∋抖襦 瓠ゞ仟佞魎陲頬椰佑頬莊郢抖襪垢覿盂
本給 家族手当 役職手当 住宅手当 資格手当 aaaaaa
197,975 15,000 aaa 20,000 aaaa aaaaaaaa
平日残業代 平日深夜代 休日出勤代 休日深夜代 非課税通勤費代 課税通勤費代
33,380 2,752 60,817 aaaa 17,877 aaaaaaa
※上記は架空の明細書で、実在するものではありません

9欺 = 法律・会社規定に基づき本人から毎月控除する金額
健康保険料 介護保険料 厚生年金保険料 雇用保険料 aaaa aaaa
13,120 1,808 24,560 1,870 aaaaaaaa aaaa
所得税 住民税 その他控除 aaaa aaaaaaaa aaaaaaaa
7,250 17,200 aaaa aaa aaaaaaa aaaaa
※上記は架空の明細書で、実在するものではありません

例えば9欺ですが、保険料は個人個人で異なります。毎年7月に保険料額の見直しを行わなければなりません。給与額に変更があるとそれとは別に保険料を見直さなければなりません。厚生年金保険料率は、毎年10月に変更し、その他の保険料率も変更になる事があります。介護保険料を控除する人は、40歳〜65歳。厚生年金は70歳まで控除。健康保険は75歳まで控除。雇用保険は、4/1において64歳以上の人は免除etc・・・
と控除の項目のみをとっても注意しなければならない点が数多くあるのです。


私共にお任せ下さい。

私共は
ゞ仟奸毎月の出勤簿の集計・有給休暇の管理を行います。
※別料金がかかります
∋抖襦Ф仟佞魎陲坊萃蠅気譴浸抖覲曄併超搬綸)の計算、通勤費の管理を行います。
9欺:個人個人の毎月の保険料額・所得税額の算出を行います。

給与計算を行うためには、法律の知識が必要です。当社で処理を行うのは、国家資格である社会保険労務士の資格を持つプロです。安心してお任せ下さい。

お客様のご要望に応じた給与計算処理を行って参りますので、もう少し詳しくお知りになりたい方は、お問い合わせより当社へお問い合わせ下さい。料金の目安は、料金案をご覧下さい。


出張お見積もりもございます!!
もちろん無料です!!




Copyright(C)社会保険労務士法人ビークライン2012 All Rights Reserved